トップページ簿記用語簿記用語、掛取引とは?







その答えはこちらのテキストにすべて記載されています。

本気で簿記に合格したい方は
必ず手に入れる事をお勧めします。

簿記用語

簿記用語の掛取引とは、
取引相手との仕入取引・売上取引の代金を、
商品を取引した時点より後に支払い・回収する事を、
掛取引と言います。

たとえば、代金の支払期限を「翌月末」などにするのが、
掛取引です。

商売上の取引は、繰り返し行われるものなので、
1ヶ月間の取引を月末で一度締め、
その月の合計金額を翌月末などに支払う(回収する)掛取引が、
よく行われます。

簿記検定問題文では、「代金は掛とした」と書かれているときが、
掛取引です。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
100%合格できます

↑↑↑ 簿記をこれから受ける方は必ずお読みください。このホームページを読むだけで合格率が確実にあがります。

簿記ブログからのご案内
この簿記ブログは、
私自身の経験を含め、
簿記に関する情報を、
発信しています。

少しでも多くの方の、
簿記独学に対する不安を、
解消できるように、
情報提供できればと思います。

また、
下のボタンを押すだけで、



簡単にお気に入りに追加
できますので、
ぜひ、また訪問ください!