その答えはこちらのテキストにすべて記載されています。

本気で簿記に合格したい方は
必ず手に入れる事をお勧めします。

簿記用語

簿記用語である手形取引とは、
掛取引は、取引先を信じて代金の回収を遅らせますが、
回収までの期間が3ヶ月も、4ヶ月も先となると、
不安になるのが、心情と言うものです。

そこで、回収期間を長くする場合に、
約束手形という証券を証拠として、
振り出す事があります。

約束手形は、「いつ、誰に、いくら支払います」
と言う事を約束したもので、
掛取引よりも証券がある分、
証拠力が高くなるのです。

約束手形とは法律上の呼び名で、
簿記会計上は約束手形を受け取ったら、受取手形。
振り出したら、支払手形という勘定科目を使います。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで

簿記用語の掛取引とは、
取引相手との仕入取引・売上取引の代金を、
商品を取引した時点より後に支払い・回収する事を、
掛取引と言います。

たとえば、代金の支払期限を「翌月末」などにするのが、
掛取引です。

商売上の取引は、繰り返し行われるものなので、
1ヶ月間の取引を月末で一度締め、
その月の合計金額を翌月末などに支払う(回収する)掛取引が、
よく行われます。

簿記検定問題文では、「代金は掛とした」と書かれているときが、
掛取引です。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語のキャッシュ・フロー計算書(キャッシュフローけいさんしょ)とは、
一会計期間における資金(現金および現金同等物)の増減、
つまり収入と支出を、営業活動、投資活動、
財務活動等に区分して表示する財務諸表です。

また、資金計算書(しきんけいさんしょ)ともいいます。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語の損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは、
財務諸表の一つです。

英語では一般的に、Income Statement
または、Statement of Incomeと呼ばれるが、
日本では、Profit and Loss Statement
の頭文字をとって、P/Lと略称されることが多い。

企業のある一定期間における収益と、費用の状態を表すために、
複式簿記と呼ばれる手法により貸借対照表などと同時に作成され、
その企業の株主や債権者などに、経営状態に関する情報を提供します。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語の貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、
財務諸表の一つです。

バランスシート(Balance sheet略称B/S)とも呼ばれ、
企業のある一定時点における資産、負債、資本の状態を表すために、
複式簿記と呼ばれる手法により、
損益計算書などと同時に作成され、
その企業の株主や債権者などに経営状態に関する情報を提供します。

また、株式会社では官報、新聞、
あるいはインターネット上での決算公告が義務付けられており、
損益計算書とともに公告されます。

一般的に、開業時、決算時、清算時に作成されるほか、
月次で作成されることもあります。

決算前に、中間貸借対照表を作成する場合もある。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語の、
財務諸表(ざいむしょひょう financial statement)とは、
貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)
キャッシュ・フロー計算書(C/F)
株主資本等変動計算書(S/S)など、
企業が利害関係者に対して、一定期間の経営成績や財政状態等を、
明らかにするために複式簿記に基づき作成される書類である。

一般的には、決算書と呼ばれることが多い。
注記など副次的な情報とともに開示するのが通常であるが、
副次的な情報と区別する意味でこれらの表を特に、
基本財務諸表と呼ぶこともある。
単一企業について作成する財務諸表を個別財務諸表といい、
子会社を含む企業グループを単一の組織体とみなして作成する財務諸表を、
連結財務諸表という。

また、中間決算で作成するものを、
中間財務諸表及び中間連結財務諸表という。

財務諸表は、会社法、証券取引法や業法等で、
取締役等に作成が義務付けられ、
一般に公正妥当と認められた会計基準により、
作成されるものとされている。

会社法では、計算書類及び連結計算書類と呼ぶ。
財務諸表に付属する情報として、
会社法では附属明細書、証券取引法では附属明細表があるが、
これらは狭義の財務諸表には含まれない。

上場企業など証券取引法により、
有価証券報告書を提出しなければならない会社の財務諸表は、
EDINETで見ることができる。

また、上場企業以外の株式会社は、
定時株主総会の終結後遅滞なく、
貸借対照表(大会社にあっては、貸借対照表および損益計算書)を、
企業のウェブサイト、日刊新聞又は官報のいずれかで公告しなければならず、
公告方法は登記される。

財務諸表は、不正や誤謬で適正に作成されないリスクがあるため、
一定の企業は公認会計士等の監査を受けることを法で義務付けられている。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、収益に分類されるものには、

売上、資産売却益、雑収入などがこれに属します。

収益勘定は、終局的には損益計算書の貸方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、費用に分類されるものには、

仕入、外注費、人件費、役員報酬、消耗品費、
交際費などがこれに属します。

費用勘定は、終局的には損益計算書の借方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、資本に分類されるものには、

資本金、資本剰余金、利益剰余金などがこれに属します。

資本勘定も、終局的には貸借対照表の貸方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、負債に分類されるものには、

支払手形、借入金、買掛金、未払金などがこれに属します。

負債勘定は、終局的には貸借対照表の貸方に記載されます。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、資産に分類されるものには、

現金、受取手形、売掛金、未収金、有価証券、
建物、機械、土地などがこれに属します。

資産勘定は、終局的には貸借対照表の借方に記載されます。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語である仕訳とは、
勘定科目の5区分で述べた、
貸借対照表又は、損益計算書における、
終局的な位置(借方か貸方か)にその勘定科目があれば、
その勘定科目の増加を表し、
反対側にあれば、
その勘定科目が減少することを意味するというルールがあります。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語である商業簿記とは、
完成している商品を仕入れて販売する会社の、
財務状態を管理するための記帳方式です。

最も基本的な簿記です。

また、どの会社にも共通する決算に関する会計処理や、
固定資産の償却処理なども「商業簿記」として取り扱うことが多い。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語である工業簿記とは、
材料を仕入れ、製造し、製品を販売する会社の、
財務状態を管理するための記帳方式。

その製品を作るために必要な経費を、
材料費や製造作業員の賃金、
製造機器のランニングコストなどから算出する、
原価計算の理論を主に用います。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記用語である、
複式簿記(ふくしきぼき)とは、
簿記において単式簿記と異なり、
すべての簿記取引を、
資産、負債、資本、費用又は収益のいずれかに属する勘定科目を用いて、
借方(左側)と貸方(右側)に同じ金額を記入する、
仕訳(しわけ)と呼ばれる手法により、
貸借平均の原理に基づいて組織的に、
記録・計算・整理する方法のことをいいます。

今日ではたんに、簿記といえばこの複式簿記を指します。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
100%合格できます

↑↑↑ 簿記をこれから受ける方は必ずお読みください。このホームページを読むだけで合格率が確実にあがります。

簿記ブログからのご案内
この簿記ブログは、
私自身の経験を含め、
簿記に関する情報を、
発信しています。

少しでも多くの方の、
簿記独学に対する不安を、
解消できるように、
情報提供できればと思います。

また、
下のボタンを押すだけで、



簡単にお気に入りに追加
できますので、
ぜひ、また訪問ください!