その答えはこちらのテキストにすべて記載されています。

本気で簿記に合格したい方は
必ず手に入れる事をお勧めします。

簿記勘定科目

簿記勘定科目である仮受金とは、
当座預金などに入金された金額が、
何の入金だか分からないときは、
簿記会計上、一時的に仮受金という勘定科目で処理します。

あとで原因がわかったら、
正しい勘定へ振り替えます。

入金が間違いだった時などは、
返済しなければなりませんので、
仮受金という勘定科目は債務であり、
負債勘定です。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで

簿記勘定科目である仮払金とは、
出張など、経費がどれだけかかるか分からないので、
概算でお金を渡す時は、
簿記上は、仮払金で処理します。

出張から帰ってきたときなどに、
精算処理が行われますが、
余った分は返してもらう事になります。

したがって、簿記会計上は債権であり、
資産勘定です。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である支払手形とは、
代金の支払いとして約束手形を振り出した場合は、
簿記上は、支払手形で処理します。

支払手形は、買掛金と同様に、
将来代金を支払わなければならないものですから、
簿記会計処理上は現金とは逆に、
増加した貸方に、
減少したら借方に記録します(負債)。

約束手形を振り出すタイミングは、
〇兎時、
買掛金の回収期日に手形で、
 さらに期日を延長する時の2つのパターンです。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である受取手形とは、
代金の回収として約束手形を受け取った場合は、
簿記上は、受取手形で処理します。

受取手形は、売掛金と同様、
将来代金を受け取る事ができるのですから、
簿記会計処理は、現金と同じです。

つまり、増加したら借方に、
減少したら貸方に記録します(資産)。

また、手形を受け取るタイミングは、
’箴綮、
売掛金の回収期日に手形を振り出して、
 さらに期日を延長する時の、2つのパターンがあります。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である買掛金とは、
掛取引による仕入代金の未払部分を、
買掛金という勘定科目で記録します。

買掛金は、将来現金の流出をもたらすものなので、
現金のマイナスの仮の姿と考えられます(負債)。

したがって、買掛金が増加した時には、貸方に記録され、
減少した時には、借方に記録されます。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である売掛金とは、
掛取引による売上代金の未回収部分を、
売掛金という勘定で記録します。

また、売掛金は、
将来現金の増加をもたらすものですので、
現金の仮の姿と考えられます(資産)。

したがって、売掛金が増加した時には、借方に記録され、
減少した時には、貸方に記録されます。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である製品は、
製造に必要な全ての材料費、労務費、
経費が集計された棚卸資産であり、流動資産である。

販売が実現した段階で製造原価に転化し、費用化されるが、
実務上は棚卸しによって費用化する額が決められることが多い。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目である仕掛品(しかかりひん)とは、
工業簿記または企業会計において、製造途中にある製品のことです。

原材料をいくらかでも加工してあれば、
仕掛品として認識される。
半製品とは異なりそれ自身での販売や、
交換価値を見込めないものを言う。

勘定科目としての仕掛品勘定は、
棚卸資産に分類され、流動資産である。



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、収益に分類されるものには、

売上、資産売却益、雑収入などがこれに属します。

収益勘定は、終局的には損益計算書の貸方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、費用に分類されるものには、

仕入、外注費、人件費、役員報酬、消耗品費、
交際費などがこれに属します。

費用勘定は、終局的には損益計算書の借方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、資本に分類されるものには、

資本金、資本剰余金、利益剰余金などがこれに属します。

資本勘定も、終局的には貸借対照表の貸方に記載される。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、負債に分類されるものには、

支払手形、借入金、買掛金、未払金などがこれに属します。

負債勘定は、終局的には貸借対照表の貸方に記載されます。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
簿記勘定科目の、資産に分類されるものには、

現金、受取手形、売掛金、未収金、有価証券、
建物、機械、土地などがこれに属します。

資産勘定は、終局的には貸借対照表の借方に記載されます。

また、簿記検定の時には、
出題問題ごとに、使用する勘定科目が記載されているので、
勘定科目の名前を丸暗記するよりも、
勘定科目、そのものの性質や意味を勉強するほうが、
経験上、簿記勉強法に最適だと思います!



簿記一発合格への道!日商簿記テキスト選びから、勉強法まで
100%合格できます

↑↑↑ 簿記をこれから受ける方は必ずお読みください。このホームページを読むだけで合格率が確実にあがります。

簿記ブログからのご案内
この簿記ブログは、
私自身の経験を含め、
簿記に関する情報を、
発信しています。

少しでも多くの方の、
簿記独学に対する不安を、
解消できるように、
情報提供できればと思います。

また、
下のボタンを押すだけで、



簡単にお気に入りに追加
できますので、
ぜひ、また訪問ください!